サイト内検索:
トップ オフィスのトレンド 031号 働き方を変革する、 "ソリューション" としてのフリーアドレス導入

031号 働き方を変革する、 "ソリューション" としてのフリーアドレス導入 | オフィスの移転・レイアウトデザインなら【オカムラ】

031号 働き方を変革する、 "ソリューション" としてのフリーアドレス導入

 フリーアドレス導入(面積削減)を考えたが、「書類管理が難しくなるのでは?」、「落ち着いて仕事ができないのでは?」など、導入後の心配ごとが先に立ってしまい、フリーアドレス導入を断念するケースも多いのではないでしょうか。実は、昨今のフリーアドレス導入の目的は、オフィス面積削減に固執したものではありません。"新しい働き方""コミュニケーション活性化" を促し、"企業価値を高める"..戦略的なオフィス・ソリューション としてのフリーアドレスが主流ではないでしょうか。

“場”を全員で共有して働く、オフィス・ソリューションとしてのフリーアドレス導入

 リニューアルのきっかけ になる事がら、例えば、

 ●オフィス面積(コスト)の削減
 ●モチベーションの維持・向上
 ●縦割り組織の話しにくさの解消

などの 現状オフィスの課題 に対して、オフィス・ソリューションとしてフリーアドレスを導入すれば、

 ●オフィス面積の節約
 ●ワーカーの意識改革
 ●コミュニケーションの活性化

などの 導入効果 が目論めるのではないでしょうか(=状況によります)。

ワーカーの意識改革、ルールづくり..試してわかった“大きな”効果

 弊社オフィスラボにおけるフリーアドレス導入後に得られた主な効果を、以下にご紹介します。

 ●オフィス統合によるフロア面積削減
  (約800㎡/3拠点 → 約665㎡/1拠点)
 ●レスペーパー(書類減らし)の推進
  (約23%の書類削減)
 ●コミュニケーションの活性化
  (目的に合わせて使える共有の“場”設営)

 また、間接的ではありますが ワーカーの意識改革 やワークスタイルの ルールづくり など習慣付けも進みました。

 このように、フリーアドレス導入の際は、ゴールを設定 して、働きながら習慣付けを行う ことで、大きな効果が得られるケースもあるのです。

 オカムラがオフィスづくりをお手伝いさせていただいたオフィスでも、フリーアドレスが採用されています。

 ≫ フリーアドレスのオフィス事例 (オカムラ O-DESiGN)

ページの先頭へ