サイト内検索:

執務室・デスクレイアウト

チーム一体型デスクレイアウト

レイアウトスタイル:島型対向式

コミュニケーションが取りやすい密着型オフィス
省スペース・省コストのバランスオフィス

部署ごとにデスクを対向させて配置する最も一般的なオフィスレイアウトです。デスクが一箇所にまとまっているので、部署内でのコミュニケーションが取りやすく、一体感を持って仕事に取り組むことができます。スペース効率、コストパフォーマンス、レイアウトの可変性に優れた、バランスの良いレイアウトです。事務職や営業職など、様々な職種に対応できます。

メリット&ポイント
  • ワーカー同士が密接した位置にいるので、コミュニケーションが取りやすい。
  • 通路と椅子のスペースが共有されているのでスペース効率が良い
  • 同じ形状のデスクを使っているので移動、転用しやすい。
  • デスクとデスクの間に配線を通せるので、配線処理がしやすい。

島型対向式レイアウトのサンプル

フリーアドレス(モバイル)型デスクレイアウト

レイアウトスタイル:フリーアドレス

自主性を育み、コミュニケーションを活性化させるオフィス
スペース効率を向上させるコスト削減型オフィス

個人専用のデスク(固定席)をなくし、空いている席を自由に選んで仕事をおこなうオフィスレイアウトです。在席率に応じて席数を調整し、必要最低限の席数にできるので、スペース効率、コストパフォーマンスを向上させることができます。また、席を固定しないことでワーカーの自主性が育まれ、部署の壁を越えた様々な人とのコミュニケーションも活性化されます。出張する機会が多い営業職にお薦めのオフィスです。

メリット&ポイント
  • 人員の増減にフレキシブルに対応でき、座席の数も減らすことができるのでスペースコストの削減につながる。
  • 固定席ではないので、様々なワーカーとコミュニケーションすることが可能。
  • 場所を選ばない無線LAN環境や、個人専用の収納を用意する必要がある 。

フリーアドレス型レイアウトのサンプル

部門横断型デスクレイアウト

レイアウトスタイル:アクティビティセッティング

シチュエーションに合わせて使い分けられるフレキシブルなオフィス

幅広い業務内容に応じた様々なツール(デスク他)を用意しておき、ワーカーはその都度、最適な場所を選んで仕事をします。また、それぞれのツールはワーカーによって微調整が可能です。常に最適な環境で作業をおこなえるので、業務の質と効率を共に向上させることができます。企画・開発職のように、プロジェクト単位で複数の部署の人達と様々なシチュエーションで仕事をおこなう場合に適したレイアウトです。

メリット&ポイント
  • 業務内容に合わせたツールを使い分けることによって、常に最適な環境で仕事ができる。
  • チームのワークスタイルに合わせて作業環境を自由にセッティングできる。

アクティビティセッティング型レイアウトのサンプル

一人集中型デスクレイアウト

レイアウトスタイル:ブース型

集中力を高めるコンセントレーションオフィス

デスクの周囲をローパーティションやパネルで囲い、ブース型のパーソナルワークステーションを作り上げるオフィスレイアウトです。周囲からの雑音や視線が軽減されるので、作業に集中できます。業務の大半を個人でおこない、高い集中力が必要とされるプログラマーやクリエイターなどの職種に向いています。

メリット&ポイント
  • 周囲の視線や雑音を軽減できるので、作業に集中できる。
  • パネルの高さや配置によって、コミュニケーションの度合いを変えることができる。
  • デスク周りを自由に装飾し、自分だけの個人空間を作ることができる。/li>

ブース型レイアウトのサンプル

共同作業型デスクレイアウト

レイアウトスタイル:背面対向式(チームブース型)

コミュニケーションと作業への集中のしやすさを両立させたコンパーチブルオフィス

デスクを背中合わせにレイアウトし、チームごとにひとつのブースを構成するオフィスレイアウトです。 他人の視線を気にせずに集中作業をおこなえる一方、後ろを振り向くだけですぐにチーム内のコミュニケーションを取ることができます。集中とコミュニケーションを両立させたレイアウトです。様々な職種に向いていますが、企画・開発職などチームで協同作業をおこなうことの多い職種に適しています。

メリット&ポイント
  • 集中作業とコミュニケーションの切り替えが瞬時におこなえる 。
  • 天板が120度のデスクでは、隣接するワーカー同士の物理的距離は近いが、感覚的距離は遠く、コンセントレーションとコミュニケーションの両立が可能。

背面対向式(チームブース型)レイアウトのサンプル

ページの先頭へ