サイト内検索:

オフィスレイアウト

オフィス空間のゾーニング・間仕切りから6つの機能空間まで、オフィスレイアウトを設計・提案いたします。

リンク先の各ページでは、オフィスレイアウトのヒントやサンプル・空間イメージをご覧いただけます。

  • ゾーニング (動線計画・空間レイアウト)

    ゾーニングとは、オフィスの条件を満たすための最適な空間配置(ゾーン分け)を求める作業です。

    レイアウト作成時に、各空間をつなぐ動線と、それぞれの空間の必要機能・面積を検討します。

  • 執務室・デスクレイアウト

    執務室は、各部門の位置づけやワークスタイルによって家具・レイアウトが大きく異なります。

    ここでは、オフィス内の働き方によるデスクレイアウトの特長・レイアウトなどをご紹介しています。

  • 間仕切り

    オフィスの間仕切りは、部屋として仕切るだけでなく、オフィスフロアのコミュニケーションにも関連します。

    間仕切り機能(移動式・セキュリティ)と、バリエーション(素材・デザイン)の組合せがポイントです。

  • 会議室・ミーティング

    会議室・応接室などに代表されるコミュニケーションの場では、年々新しい使い方が生まれています。

    コミュニケーションのスタイルを的確に反映し、使いやすさと仕事成果の向上を目指す空間です。

  • 受付・ロビー

    受付は、来訪者を迎え入れもてなす空間です。見た目の美しさはもちろんのこと、快適性やホスピタリティが求められます。

    また、併せてセキュリティへの配慮も求められます。

  • 収納スペース

    収納は、収納物やその位置づけで什器のタイプや組合せ・配置が異なり、最適な什器選びが必須です。

    また、オフィス面積に占める面積も比較的大きいため、収納力の向上はスペース削減にも繋がります。

  • 役員スペース

    役員室は、イメージを重視する場であり、重要な来客に対して企業のアイデンティティを伝える場でもあります。

    企業イメージの発信とホスピタリティが重要です。

  • リフレッシュ・カフェ

    リフレッシュコーナーは、ワーカーの心身をほぐし、気分転換をうながしモチベーションを高める場です。

    また カフェは、リラックスした語り合いからアイデアを引き出す、相互理解を深める などの効果があります。

ページの先頭へ